メインの内容へ進む

オーダーメードバスとする6つの理由

「三角狭小敷地の家」浴室

「三角狭小敷地の家」の設計 ⑦


 住宅を設計する際に、お施主様と一緒に様々な検討をします。「三角狭小敷地の家」を題材に、実際にどのような提案をさせて頂いているかをご紹介するシリーズの第7回です。


 浴室について明確なイメージをお持ちでない場合も、ハウスメーカーや工務店ではなく設計事務所にお声掛け頂くお施主様は、既製品のユニットバスではないオーダーメードバスを望まれます。理由としては以下があるようです。


 1.唯一無二のものが欲しい

 2.FRP(繊維強化プラスチック)が好きでは無い

 3.使いたい仕上材料(特定のタイル・石等)がある

 4.洗面所との間仕切りを大きなガラスにしたい

 5.置き型の浴槽を使いたい

 6.自由な浴室の形・大きさ・窓でつくりたい


 ユニットバスは完結した商品を置くだけなので、必要な空間を確保しておけば特別な設計図面は不要です。また、防水などのメーカー保証もありますので、意匠にこだわりが無ければ手軽で堅実な選択ですが、設計の自由度は少ないので、上記理由には対応できません。設計事務所は、浴室に限らず詳細図を描くオーダーメードを基本としていますので、出来る限りのご要望の実現を目指します。


 「三角狭小敷地の家」の浴室は、お施主様の特別のご要望はありませんでしたが、三角形の敷地形状に沿った建物先端の台形平面に、なるべくコストを抑えて計画しました。具体的には、ユニットバスとオーダーメードバスの中間のつくり方で、浴槽から下は既製品のFRPハーフユニットバスを使用してコストを節約し、浴槽から上は二種類のタイルで壁を貼り分けて、台形平面に合わせた飾り棚があるオーダーメードの設計となっています(冒頭写真及びCG参照)。


→ 三角狭小敷地の家