メインの内容へ進む

大きな庇

千成幼稚園_南側の大きな庇

 暑い日が続いていますが、体調を崩されていないでしょうか?東京の一年の猛暑日(最高気温が35℃以上の日)日数が今日にも記録更新ということで、今年は特別暑いようです。世界的にも北半球は各地で猛暑ということで、地球温暖化により来年以降もこの傾向が続くのでしょうか?


 東京都では大手住宅メーカーの太陽光パネル設置が来年度にも義務化されることとなりました。サッシ窓メーカーでは、二重ガラスから三重ガラスの標準化へ移行する動きもあります。「環境への配慮」は主要なテーマであるとは思いますが、建物がますます性能を追求して重装備になっていくのが良いのかについては疑問があります。


 冒頭の写真は当事務所で設計した「千成幼稚園」の南側保育室前の様子です。木造2階建ての園舎ですが、構造の工夫によって、奥行2mを超える柱の無い庇を実現しました。暑い日は大きな庇の下で、子ども達が走り回って遊んでいます。幼稚園の玄関や向かいの「子育て支援・地域交流施設」の入口にも大きな庇があって、子どもや地域の人達が集まる気持ちの良い場所になっています。


▶ 千成幼稚園 建替新築工事


 奈良や京都の寺社仏閣を巡って、縁側に座って庭を眺めると涼しい気分になります。普段の設計においても、日本に昔からある軒の深い庇や、光と風の取り入れ方など機械設備に頼らない避暑の方法も大切にしたいと思っています。