メインの内容へ進む

1920s

1920s

 先日、三菱一号館美術館で開催中のガブリエル・シャネル展へ行きました。昨年パリでの大規模回顧展の巡回ということで、非常に見ごたえのある素晴らしい展覧会でした。


 軽くて動きやすい「シャネルスーツ」が社会進出する近代女性に受け入れられたという歴史的な意義については写真や記事で見聞きしていましたが、シャネルのスーツやドレスを間近に見るのは初めてだったので、物としての魅力にひきつけられました。とりわけ活動初期である1920年代のドレスのシンプルな美しさは、細やかなディテールと素材や形の抜群なプロポーションに裏付けられたものだと思います。


 第一次世界大戦(1914-1918)とスペイン風邪の大流行(1918-1919)から解放されて、車や産業機械の目まぐるしい発達を背景に、それまでの過剰な装飾からシンプルなモダンデザインへと変化したのは建築も同様です。シャネル(1883-1971)の1920年代のドレスを見ながら、同時代の建築家ル・コルビュジェ(1887-1965)やバウハウス(1919-1933)の建築・工芸品を思い出しました。


 冒頭の写真は、1920年代のシャネルのドレスに同時代の車や建築・工芸品を並べたものです。シャネルのドレスを着てサヴォア邸にいる女性が、マリアンネ・ブラントのポットでティータイムを楽しんでいる当時の様子が思い浮かびませんか ⁇